サンタさんになに頼む?

クリスマスまでまだまだ1ヶ月以上ありますが、ハロウィンが終わった途端、スーパーでもシャンメリーやお菓子の靴下なんかが置いてあっらたりして、街中でも少しずつクリスマスの雰囲気を感じるようになりました。
大人になっても、クリスマスはなんかウキウキしてしまうので、クリスマスソングが流れる街中を歩くのは大好きなのですが・・・そろそろ子どものクリスマスプレゼントを考えはじめなくてはなりません。
早めに考えておかないと、人気の商品は売り切れてしまうんですよね・・我が子はまだまだサンタさんを信じているのですが、お兄ちゃんお姉ちゃんのいるクラスメイトに「サンタさんなんていないんだって?」などと聞いてしまって、少し疑いはじめているようなので、『売り切れてて買えなかった』となると、サンタさんの存在が危うくなってしまう=「いい子にしてないとサンタさん来ないよ!」が使えなくなってしまうのです!!!大変だ。
なので、そろそろお手紙を書かせないといけないなと思っています。
お手紙を書くことによって、寸前の変更を防ぐことができますしね(笑)今年も楽しいクリスマスになりますように?。
できれば女の子を授かりたいですね。

続きはこちら⇒女の子の産み分けゼリーの値段はいくら?

だから一人っ子は、と言われたくない。

私は一人っ子、そしてわが息子も一人っ子。
一人っ子の人なら絶対に共感して貰えるのが、子供の頃から大人になってまで「だから一人っ子は」とか「やっぱり一人っ子だねえ」と言われ続けて嫌な思いをしてきた事だと思います。
一人っ子イコールわがままという図式を勝手につけられてきたので、息子には絶対に同じ思いをさせたくないとやや厳しめに育てています。
特に食事に関してで、親戚の集まりなどで、残したとすると「一人っ子だから贅沢だねえ」と言われ、ちょっと多めに食べたならば「一人っ子は自分だけ食べれるから多く食べるんだねえ」と言われる始末。
どっちにしても、何をしても一人っ子は、といつもクローズアップされてきました。
昔と違って今は一人っ子率もかなり高くなっているとはいえ、息子の従兄弟は三人兄弟と、二人兄弟、既に一人っ子だから、のフレーズが聞こえるようになってきました。
一番勘違いされているのは、一人っ子だから何でも買って貰えたでしょう、と言われる事。
うちは裕福でもなかったので断じてそんな事もなく、子供の頃から言われるたびに悲しくなっていたのを覚えています。
大人の何気ない一言がいつまでも心に残り、傷になる事もある、息子がコンプレックスにならないようになって欲しいと切に願っています。
息子も一人っ子だけど二人目をが欲しいと思う時もあります。
特に性別に関しては希望はないけれど最近は産み分けをして希望の性別の子供を授かりたいという方も多いようですね。

参考にしたサイト>>>>>産み分けゼリーのオススメ商品の比較